驚喜人紹介

RINKANに入ることが最短の道だと思いました。

30歳の自分を描いて今の仕事を決める。

ずっと服が好きで、大学卒業後は大手のアパレル企業に入社し、ブランドのMD担当として生地の調達からコスト調整、支店への分配など司令塔のような役割を担当していました。ただ、「30歳までに自分のセレクトショップを開く」という夢があって、そこから逆算すると大企業ではちょっと遠回りになると思ったんです。RINKANや未来ガ驚喜研究所の印象は、誤解を恐れずに言えば「早く出世できる会社」。他の二次流通の会社にはないビジョンを持っていたり、一人ひとりの裁量も段違いに大きい。独立するなら、ここで子会社として始めたほうが、自分が一番やりたいことが最短で出来るのではないか、そんな提案もRINKANならできるのではないか、というしたたかな計算があったのも事実です。

銀座店店長からECサイト立ち上げへ。きっかけはリベラボ。

これまで銀座店の店長を務めていましたが、春からECサイトの立ち上げを任されることになりました。きっかけは社内の教育プログラム、リベラボです。ある月の課題が「ルーティンから外れてみよう」で、そこで自分が改めて理系脳だということに気が付きました。普段からマーケティングの視点で考えることが多くて、まず主観を外して数字から入る癖があるな、と。話すときも一度頭の中で整理してから話す方なのでシステムやプログラミングも勉強し始めたばかりですが、スッと違和感なく入ってきます。
ECという仕事は今後職業としても絶対になくならないし、これからRINKANが伸びていく領域だと思うので、プレッシャーを感じながらもとてもやりがいを感じています。いま、インターネット上で一番アクティブなのは東南アジア。だからRINKANのECサイトも視野を世界に広げていきたいです。これは、数字で出ている現状と、銀座店の店長をする中で感じていた肌感覚と両方のバランスで、確信に近いものになっています。

提案は社長に直接ぶつける。

仕事のスタイルも人それぞれで、やりたいことの実現に向けて会社全体を巻き込んでいけるのがRINKANだと思います。想いや意志があればいつでも提案できるし、会社も真剣に向き合ってくれる。私自身も社長に直に話を聞いてもらって語り合うことがしばしばあり、経営までの距離が近くて早いです。
そして、どのブランドよりもお客さまと深い関係が築けるのもRINKANらしさだと思っています。ブランドすべてにおいて、制度やルールよりも現場ベースで判断して動いていると感じます。
自分自身、店長職からECの仕事と、短期間でさまざまな角度から店舗運営に携わらせてもらえるのも、RINKANならではのメリットだと思います。
30歳までの数年間、誰よりも考えて、多方面から提案をし続け、RINKANをもっと面白いブランドに変化させます。そして自分の夢も具現化したいと思っています。

森満裕樹
森満裕樹

EC部

日本大学卒業後、大手アパレル会社へ入社し、営業職・MD職に従事する。2016年に転職し、RINKAN新宿店に入社。1年間バイヤーを経験し、RINKAN銀座店の店長へ就任。そこでの多角的な分析力が買われ、今後はEC部での手腕発揮が期待されている。

その他の驚喜人紹介

  • 野口瞳
  • 吉武美紀
  • 安斎亮
  • 加藤健太
  • 芳賀千晶
  • 鈴木達之
  • 矢野裕也
  • 山田日貴

採用についてトップへ戻る

未来ガ驚喜研究所