驚喜人紹介

「お互い仕事でやっていることのはずなのに、相手を尊重して、ちゃんとお礼が言い合える。それって実は特別なことなんじゃないかな」

好きなことでないと意味がない

私はEC部の部長として、弊社のECサイトでどういう特集を組んで、どんな商品を並べたらいいのか、どこに広告を打てば良いのかなどをサイトの担当者と一緒に分析、検討しています。毎日、前日の売上げやアクセスデータとにらみ合っています。その数字が何を言おうとしているのか、それを受けて何をしなければいけないのか……。それはとても地味な作業ですが、少しの変化が重要なことを教えてくれることもあるので大切な仕事です。前職では広告制作会社で販促ポスターやPOP、カタログなどを作っていましたが、30歳を前に「新しいことに挑戦したい。やるんだったら自分の好きなことでないと意味がない」と思って転職を決意しました。

待っていても何も起きない

この会社では、自分で考えて動くこと、主体性が大事だと思います。大企業ではないので待っていても何も起きないですし、何事も他人任せにしないでやっていかないと仕事になりません。でも逆に、自分に任せられる範囲はものすごく広いですし、自ら働きかけていればチャンスはいくらでもある。私は学生時代はマーケティングを学んで、その後もずっと広告業界にいましたが、そんな自分に店舗もECも経験させてくれて、チャレンジもさせてくれる。そのことに感謝をしながら、求められていることに対して期待以上の答えを返せるようにこれからも頑張っていきたいと思っています。

たくさんの「ありがとう」が行き交う場所

未来ガ驚喜研究所へ入社して驚いたのは、仲間の間でも「ありがとう」という言葉が頻繁に使われることです。それがすごく嬉しかったです。お互い仕事でやっていることのはずなのに、相手を尊重して、ちゃんとお礼が言い合える。それって実は特別なことなんじゃないかなと思っています。自分がやったことに対してちゃんとリアクションしてもらえると大きなモチベーションにも繋がりますし、それが身近なスタッフに言ってもらえるとより一層嬉しい。ずっと洋服が好きだったので、それを仕事に出来て、また、前職での経験も生かすことが出来る会社に巡り合えたことは幸運だったと思っています。

矢野裕也
矢野裕也

EC部

首都大学東京卒業後、総合印刷会社のディレクターを経て、2015年にRINKAN渋谷店の販売員として入社。その後、本社へ異動し、webプロモーションディレクターに就任。現在はEC部部長も兼任し、web販促全般の運営管理を担う。

その他の驚喜人紹介

  • 森満裕樹
  • 加藤健太
  • 安斎亮
  • 芳賀千晶
  • 鈴木達之
  • 山田日貴
  • 野口瞳
  • 吉武美紀

採用についてトップへ戻る

未来ガ驚喜研究所