驚喜人紹介

「今見えている景色と事業を立ち上げる前に見えていた景色は全然違いますね。」

その日朝来て、何をすればいいのかを考えるところから

自分が就活している時に、弊社の説明会で社長が「新規事業をやっていくんだけどそれを新卒に任せたい」と仰っていて、面白そうだなと思って面接を受けました。だから、最初から新規事業をやってみたいという思いで入社しました。ただ、会社のメイン事業はRINKANなのでそっちも知っておいたほうが良いということで最初は販売員として働きました。期間は決まっていなかったんですけど、半年で新規事業部に行けたのはよかったですね。ただ、いざ新規事業部になってみると直属の上司はいないしほんとに丸々任される形でびっくりしましたね(笑)。その日朝来て、何をすればいいのかを考えるところからでした。でも、ビジネスモデルを考えるところから手伝ってくださる方もいましたし、プレッシャーをかけられることはなかったので自由にできました。今のほうが事業を立ち上げる規模感を理解しているので緊張感がありますね。ただ、どんどん考えて社長に提案して行動してっていうスピードは当時からかなり求められました。

得意なことを仕事にしてないとつまんないし評価もされないと思う

新規事業を立ち上げて広めるというのは本当に難しくて、そもそも教えてくれる人もいないし誰かが正解を知っているわけでもない。すべて自分で考えなきゃいけないのでとても苦労しました。とにかく本を読んだりネットで調べたり人に聞いたり、勉強して行動しての繰り返しですね。でも仕事で成長するって、こういう風に自分で物事を考えてそれを自分で実行できるっていうのが一番の近道だと思います。どんな仕事でもそういう場面はあると思うんですけどその量と質がこの部署はかなり高いですね。それに加えてこの部署のメリットとしては、自分の得意なことや目指すべき場所っていうのがより早く分かる可能性が高いと思います。結局学生時代何かをやってても自分が仕事で何が得意かなんて分からないじゃないですか。得意なことを仕事にしてないとつまんないし評価もされないと思うんですよ。だから、いかに自分が得意なことを見つけられるかがすごく重要で。やりたいことは見つかっても得意なことって見つけるのが大変なんですよね。あと社長と距離が近くていろんなことを吸収できるのも魅力ですね。

やってみないとわからないことがたくさんある

現在新規事業を進めていく中で常に思うことが、自分で事業を立ち上げてみないとわからないことがたくさんある。だから今見えている景色と事業を立ち上げる前に見えていた景色は全然違いますね。なんか抽象的なんですけど(笑)。弊社のRINKAN事業はまだまだ伸びると思うんですけどそれ一本だと限界があると思うので、今後発展していく上でシナジーがあるような事業を複数作って会社の多角化戦略を成功させたいですね。

諸星周平
諸星周平

マーケティング部

青山学院大学を卒業後、2017年4月に弊社へ入社。半年ほどRINKAN銀座店で販売員を経験し、同年9月から新規事業部に就任。様々なビジネスモデルやマーケティングを研究し現在プロジェクトを進めている。

その他の驚喜人紹介

  • 加藤健太
  • 芳賀千晶
  • 野口瞳
  • 鈴木達之
  • 安斎亮

採用についてトップへ戻る



未来ガ驚喜研究所