驚喜人紹介

得意なことを自由にやらせてくれる。
だから成長できる。

入社1年で店長

この会社に入社する時、僕はなんとなく人事の仕事に興味を持っていました。
しかし、社長に言われた言葉は「店舗で1年間働いてから本社に来て欲しい」でした。僕に店舗の販売員なんてできるのだろうか。少し不安でした。でも今思えば僕の適性を見抜かれていたんだと思います。

店頭に立ち始めて半年が経った頃、あることに気が付きました。

「自分はサポート能力に長けているのかも知れない」

スタッフ同士のコミュニケーションを意識したり、裏方の仕事を率先して行ったりすることが得意でした。また、新しく入ってくるスタッフに自分の経験をまとめた資料を共有したら効率よく成長してくれるんじゃないかと思って、当時の店長に直談判したこともありました。

そんなところを評価してもらえたのか、気づいたら僕は入社1年で店長になっていました。

ベテランバイヤーからの言葉

店長というのは覚えることがとにかく多いんです。

例えば、バイヤー業務。それまでは販売の業務しかしてこなかった僕が、一からバイヤーの仕事を覚える必要がありました。お客様がお持ちいただいたアイテムの査定、確かな知識で正規品か偽造品かを見分ける、適正な値段を付けて仕入れる、などその内容は様々で責任も重大。プラス事務作業や店舗運営の諸々。さすがに応えましたね。なかなか上手くいかないことや悔しいことが続きました。

そんな僕を支えてくれたのは「人は役職を与えられて成長していくものだから、そういう場を与えられることが大事」という言葉でした。せっかく店長というポジションに就かせてもらってるんだ。今が頑張り時だ、と。店舗運営やバイヤーのスキルが徐々に身についてきたのはそれからすぐのことでした。

ある時、お世話になっていたベテランバイヤーの方に「堀口が店長でよかった」と言ってもらえました。涙が出るほど嬉しかったですね。

今ではどの業務も安定してこなせるようになってきたけど、もっと店舗の人たちが働きやすいように日々努力していかないとダメだ。そんなことを考えながら、ベテランバイヤーからの言葉を何度も噛みしめています。

自主性を発揮できる環境

店長になってから、自分の考えをスピーディーに実行できるようになりました。

以前は、何かを思いついても実行するには店長の許可が必要でした。でも今の店長は自分。これはいけるぞ、と思ったことはすぐ行動に移すことができます。さらに、うちの会社は「堀口が思うやり方でやっていいよ」というスタンスでいてくれている。得意な部分を見出してくれて、なおかつそれを生かしてとりあえずやってみたら、という環境を用意してくれているのはとてもありがたいです。自分の思い通りにできるからこそ、責任感もあるけど、それ以上にやりがいがあるんだろうなと思います。

こんな自主性を発揮できる環境だからこそ、店舗スタッフが僕に何かを提案してくれたり、新しい行動をしてくれたりするととても嬉しいです。

「自主的に何かを生み出し続けられる店舗」

当面の目標はこれですね。

堀口敦史
堀口敦史

RINKAN南堀江店

関西大学を卒業後、2020年4月に弊社へ新卒入社。RINKAN南堀江店で販売員として活躍し、その功績とサポート能力の高さを評価され、わずか1年で同店の店長に就任。現在では店長として店舗の運営はもちろん、後輩の育成にも力を入れている。

その他の驚喜人紹介

  • 大野悠太
  • 安斎亮
  • 鈴木達之
  • 中村嘉孝
  • 諸星周平
  • 西村卓純
  • 近土湧馬

採用についてトップへ戻る



未来ガ驚喜研究所