驚喜人紹介

個性を大切にしてくれる会社です。だから自分は思い切ってお客様の方を向ける。

デザイナーの思想が好きだから、二次流通で仕事をしたい。

大学で経済学部に通いながら専門学校にWスクールしていたくらい服が好きなんです。RINKANに入社する前からずっと二次流通の現場で働いているのは、自分が着たい服が着られて、心から薦めたい商品があるから。プロダクトはもちろん、デザイナーの思想が好きです。ブランドに入るとデザイナーが変わればプロダクトも変わってしまうので、自分は二次流通で仕事を続けたいです。RINKANはスタッフの商品への愛着やお客様への熱量が違うとお客として通っていた頃から感じていました。社員となった今でもその印象は変わりません。

当たり前のことだけど、一人ひとりに合わせてそれを当たり前にやる。

勤務歴も長くなって、接客について同僚から相談されることも増えてきたのですが、あえて自分のやり方をそのまま誰かに教えることはしていません。話し上手じゃなくても、良い接客をする人もいる。フレンドリーな接客もかしこまった接客も、どちらも正しい。接客に決まりはないので、自分の真似をしてもらうよりも、各人が自分に合った接客を突き詰められた方がいいなと思っています。
心がけているのは、お客さまのことを一番に考えること。お客さまをよく見て、たとえば、時間を気にする方には、なるべく早く対応する。当たり前のことだけど、一人ひとりに合わせてそれを当たり前にやっています。それから、お客さまというよりも同じ趣味の友達に一番似合う商品を一緒に探している感覚で接することを大事にしています。似合っていないな、と思ったら「それ違いますねー」とか素直に言ってしまいます。笑

自分を選んでくれるお客さまがいるから、その期待に応えたい。

会社が違えば自分も店長をやりなさいと言われるのかな、と思います。でも自分はマネジメントよりも接客が好きで、これからもずっと接客がしたい。RINKANは適性を理解してくれて、接客に集中させてもらっています。お客さまから自分に連絡があって、店にいなくても対応することも少なくないですが、お客さまが自分を選んでくれるなら期待に応えたい。そこも会社は見てくれて、評価してくれるので、ストレスにはならないです。RINKANはそれぞれの個性を細かいところまできちんと見て、大事にしてくれる会社です。だから自分は思い切ってお客さまの方を向けるんだと思います。

安斎亮
安斎亮

RINKAN渋谷店

大学在籍中に服飾専門学校へ入学し、Wスクールを修了。ユーズドセレクトショップに新卒入社し、2年後の2013年に弊社へ入社。服と接客の双方への知識と経験を強みに、入社当初からRINKAN渋谷店で常に販売員の第一線を走り続けている。

その他の驚喜人紹介

  • 野口瞳
  • 山田日貴
  • 吉武美紀
  • 森満裕樹
  • 鈴木達之
  • 芳賀千晶
  • 矢野裕也
  • 加藤健太

採用についてトップへ戻る

未来ガ驚喜研究所